ずらっと並んだトラック

中古トラックを購入するなら専門業者からがおすすめ!

● SITE MAP ●

中古トラックなら免許証の区分にあったものをすぐに調達可能

今や運送業界は人手不足であり、高校を卒業したばかりの新卒社員を採用しても運転できないトラックも多数あります。法改正により、大型と普通車の区分だったのが、今や準中型と中型が追加され、普通免許で運転できるトラックの最大積載量も小さくなっています。しかし、運転免許の区分に合ったトラックを新車で準備するのはコストパフォーマンスが良くありません。そこで、中古トラックを選択してみてはいかがでしょうか。
中古トラックは専門業者で購入することができ、条件に合い現物が存在するものを安く購入することができます。実際のところ、新卒で採用しても数年が経過することで準中型や中型免許の取得ができ、小型のトラックは不要になります。大型トラックの運転免許取得まで中古トラックを乗り継ぐことで投資を抑えることができます。さらに中古トラックは既に現車が存在するため、新卒を複数名採用した際には人数に合った車両数を短期間で確保することもできます。中古トラックといっても、固定資産税の減価償却費により、法定耐用年数で手放されたものも多く、まだまだ長い期間使用に耐えるものも多数あります。新入社員が成長して不要になった際には、状態が良ければそのまま手放せるだけでなく、新卒社員用として運用することもできます。

● CHOICE ●

中古トラックは独自保証サービスのある専門業者を選ぼう

中古トラックは専門業者で購入できるものの、信頼ができ購入後も安心して乗り続けられるものを選びたいと考えていませんか?中古トラックの不安は、新車とは異なり直ぐに壊れてしまうのではないか、専門業者が不具合を隠していないか、現状引き渡しでメンテナンスも行われていないのではないかと考えることがあります…

▶ READ MORE...

未使用かつカスタマイズ済みの中古トラックも専門業者で購入可能

トラックを購入する際には、少しでも状態が良い上、走行距離も少なく、カスタマイズ済みのものを探すことは少なくはありません。中古トラックなら新車では架装費用を含めて1千万円を軽く超えるものがお手頃価格で手に入ることもあります。しかし、中古トラックは専門業者で購入できるものの、未使用車かつ架装済みと…

▶ READ MORE...

中古トラックなら免許証の区分にあったものをすぐに調達可能

今や運送業界は人手不足であり、高校を卒業したばかりの新卒社員を採用しても運転できないトラックも多数あります。法改正により、大型と普通車の区分だったのが、今や準中型と中型が追加され、普通免許で運転できるトラックの最大積載量も小さくなっています。しかし、運転免許の区分に合ったトラックを新車で準備す…

▶ READ MORE...

過走行の中古トラックでもメンテナンス状況や目的が合うならOK

一般車両と同様、トラックにも走行距離や使用年数そして使用環境による判断基準があります。しかし、トラックは一般車両に比べ頑丈な設計となっており、一般車両では年1万kmという基準が年10万km、トータルで70万kmや100万km以上も走行でき、一般的な目安は基準になりません。ですが、過走行だからと…

▶ READ MORE...

TOP